top of page

古き良き時代のアメリカ、銀幕のセックスシンボルとして知られるマリリン・モンローをデザインしたパンツは、エロスの画家と称される金子画伯ならではのモチーフ。

金子画伯はお気に入りのクラシック映画を暗記するほど繰り返し見続けたそうです。登場するヒロインたちは、和洋問わずいつも創造の源泉でした。

 

・こだわりの素材・綿コーマ

金子画伯曰く「役者が稽古で着ることができるホンモノのゆかた」をつくるため、デビュー当初から一貫してこの生地にこだわり続けております。

綿100%の平織の生地。製糸の段階でコーマ通し(combing=櫛通し)という綿の繊維を整える工程を行うためこの名で通称する伝統的なゆかた用生地。短い繊維を除き、長い繊維のみ平行に揃えるので、毛羽立ちが少なく、太さにムラがない強い糸になるため、肌触りがよく柔らかで艶がある生地に仕上がっております。

 

・こだわりの染色・京手捺染

このハーフパンツに使用しているゆかた生地は、京都で着物をつくる工程と同じように、一反一反ていねいに手捺染で染めております。手捺染とは、日本の伝統的な染色の型染や琉球紅型を起源とした布に柄を染める技法の一種。板場に生地を貼って、職人が型を移動させながら柄を染めていく。職人には非常に高い技術が求められるので、主に絹を用いて高価な着物やネクタイ、スカーフなどに使われる生地を染めるために用いられる染法ですが、ホンモノ志向の【金子國義ゆかたKuniyoshi KANEKO】は、この染色にこだわって作られております。

金子國義 マリリンモンロー ハーフパンツ

¥28,000価格
消費税抜き
  • このパンツのサイズ展開は下記の通りとなります。

     

    ウェスト

    size:M

    82cm

    size:L

    86cm

    size:XL

    90cm

  • 京都で手捺染という伝統的な職人の技術で染めている浴衣生地を使用しています。

    綿の後染め製品なので、新しいうちは、摩擦や汗などの水分で多少の色落ちや下着などに色移りがすることがあります。

    手洗い可能の表示をしていますが、慣れない場合はドライクリーニングをお勧めいたします。

    ご自宅で洗濯の際、塩素系漂白剤を含む洗剤や酸・アルカリ性の強い洗剤は色落ち、生地の傷みの原因になりますので使用せず、中性洗剤をご利用ください。他のものに色移りする場合がありますので、単品手洗いで洗ってください。

    濡れたまま放置しますと、他の部分に色移り色落ちする可能性があるので、洗濯後は速やかに日陰で吊り干ししてください。

    洗濯により多少縮みますので、干す際には生地をよく伸ばしてください。

    タンブラー使用は生地が縮みますので、お避けください。

    綿100%

    生地の裁断の都合により 、柄の出方が画像と異なる場合がございます 。

bottom of page